アガパンサス agapanthus

アガパンサス agapanthus_0 (2)

[vol.122/2013年7月13日]

 
ユリ科/アガパンサス属/多年草/草丈:70〜150cm/開花:6 〜8月
南アフリカ原産、10~20種が知られている。明治時代中期に渡来。園芸品種は300種以上あり、冬には葉が枯れるタイプ、残るタイプ、花が横向きに咲くも、下向きに咲くものなど多くの種類がある。梅雨の頃、紫色の小花をたくさん咲かせる。白花の品種もある。和名は「紫君子蘭(むらさきくんしらん)」と言うが、この名前で呼ばれることはほとんどない。

▼ indicated big(play slideshow)