はるじおん(春紫苑)Erigeron philadelphicus

はるじおん(春紫苑)Erigeron philadelphicus_1 (6)

[vol.802/2015年5月24日]

 
キク科/ムカシヨモギ属/多年草/草丈:30~60cm/開花:4~6月
北アメリカ原産。市街地から野山まで、広範囲で見られる。全体に柔らかい毛があり、花は蕾のときうなだれている。頭花は白色または淡紅色で美しい。ハルジオンとヒメジョオンは、花がよく似ているので見分け方を伝授?。一般的には、ヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数が多い。これに対して、ハルジオンは背は低く、花は大きくて少ない。また、ハルジオンの蕾は下を向いて項垂れているのに対して、ヒメジオンは上を向いている。それでも解らない場合は、茎を折ってみる、ヒメジョオンの茎には空洞がない。ハルジオンの茎には真ん中に空洞がある。別名:貧乏草というので、折ったり、摘んだりすると貧乏になると言われているので注意を? 花言葉:追想の愛。

▼ indicated big(play slideshow)