あやめ(菖蒲、綾目)Iris sanguinea

あやめ(菖蒲、綾目)Iris sanguinea (4)

[vol.836/2015年6月27日]

 
アヤメ科/アヤメ属/多年草/草丈:30~60cm/開花:5~7月
アヤメの仲間(アヤメ科/アヤメ属)は、世界で200種類ほどがが知られている。これら自生種から園芸化されたものも多く、日本ではその代表が花菖蒲。アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの違いは難しいが、簡単に言と、花びらの基のところが、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別する。また、サトイモ科のショウブは、アヤメ科ではない。アヤメは水中では育たず、乾いた草原に自生する。名の由来は、垂れ下がった花弁の付け根に網目模様があること。また、葉の葉脈が平行に文目(あやめ)模様になっていることによる。

▼ indicated big(play slideshow)