みぞそば(溝蕎麦)Persicaria thunbergii

556.mizohagi_5

[vol.556/2014年9月20日]

 
タデ科/イヌタデ属/一年草/草丈:30〜100cm/花:7〜10月
田の畦や水辺に生え、群生する。茎や葉には小さな棘があるが、触ってもさほど痛くない。名前の由来は、
溝などの肥沃な(ひよく=土地が肥えていて作物がよくできる土地)水湿地に群生し、花と葉が蕎麦(そば)に 似ているところから。葉の形が牛の顔を連想させることから、別名、ウシノヒタイの名がある。花言葉:純情。

556.mizohagi_1