ひいらぎなんてん(柊南天)Berberis japonica

ひいらぎなんてん(柊南天)Berberis japonica

[vol.1011/2015年12月19日]

 
メギ科/ヒイラギナンテン属/常緑低木/樹髙:1〜3m/開花:2〜4月、実:6〜7月
江戸時代初期に中国から渡来。小さめの黄色い花がたくさん咲く。花のあとでぶどう色の実をつけ、ぶどうのような匂いがする。葉は堅く、ヒイラギに似た鋭いギザギザ(鋸歯)がある。常緑樹で落葉はしないが、気温が下がる冬期は紅葉し、暖かくなると緑葉に戻る。花言葉:激しい感情(激情)。

▼ indicated big(play slideshow)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>