えぞえんごさく(蝦夷延胡索)corydalis ambigua

えぞえんこぐさ(蝦夷延胡索)corydalis ambigua (5)

[vol.821/2015年6月12日]

 
ケシ科/キケマン属/多年草/草丈:10〜30cm/花期:4月~5月
関東地方から九州の原野や山蘑に生える。名の由来は、延胡索は漢方名で、地下の塊茎(かいけい)を乾燥させて鎮痛(胃痛、腹痛、生理痛、腰痛、浄血)に用いることによる。似た花に、ジロボウエンゴサク(二郎坊延胡索)、ムラサキケンマ(紫紫華鬘)があるが、葉で見分けることが出来る。ケンマの葉は人参のような葉っぱで切れ込みが有り、エンゴサクは、葉に切れ込みが無く丸みをおびている。ジロボウエンゴサクは、ケンマより葉の切れ込みが少ない。(写真は八ヶ岳・立場川で撮影)

▼ indicated big(play slideshow)