けいとう(鶏頭)Celosia argentea

けいとう_1

[vol.168/2013年8月28日]

 
ユ科/ケイトウ属/一年草/ 草丈: 40〜100cm/7〜10月
原産地はアジア、アフリカの熱帯地方と推定される。日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。栽培の歴史は古く、万葉集にうたわれる韓藍(からあい)はケイトウと言われる。形がニワトリの「とさか」に似ていることからこの名がついた。品種も多く、花が丸くなって咲くものや、槍のようにとがるものなど、いろいろある。昔は草染めの原料として利用された。

けいとう_2